口臭を抑える効果的な方法とは

人間誰もがある程度の口臭はあります。ですが中には病的な口臭もあり、いくら歯を磨いたりマウスウォッシュで口をゆすいでも完全に口臭が取れない場合もあるのです。こういったしつこい口臭の対処方法がいくつかあります。

まず、歯を歯ブラシでしっかり磨いていても奥歯の溝には、実は歯ブラシの先端部は届いていないことが多いのです。すると食べかすが発酵してしまいニオイを出す細菌がその食べかすを餌にするので、そこで強烈な口臭が発生してしまうことが考えられます。ですからできるだけ手磨きではなく電動歯ブラシを使って隅々まで歯磨きをすれば口臭予防効果が高まります。

次に歯の間にも食べかすがたまりやすく歯垢が形成されやすいのです。歯間には普通の歯ブラシはもちろん電動歯ブラシも届かないことが多いのです。ですから歯磨きを丁寧にした後は仕上げに必ず歯間ブラシやデンタルフロスで歯の間の汚れを落とす習慣を身につけると良いでしょう。

もう一つ口臭予防の方法で忘れてはならないのが舌苔のケアです。舌の上に黄色や白い苔のようなものが付いている場合は、その舌苔の中にニオイを出す成分がたくさん入っています。ですから歯ブラシをする時に、ついでに舌の表面を優しく撫でるようにして舌苔を取ってあげると口臭を抑えることができます。

以上が口臭を抑える効果的な方法ですが、もしこれらの口臭ケアを行っても口臭がなくならない場合は歯医者さんや耳鼻咽喉科などに相談して原因を突き止めることをおすすめします。

口臭チェッカーのおすすめ